FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

001ー2:里璃、神那津川学園に初登校

まずはレス
> ゲームが規制されちゃったら仕事が減るよママン。それとインターネット上の情報規制に利用されそうで怖いですね、独断とはいえ神奈川県警の動きもありますし。法律の拡大解釈は恐ろしいです。行き着く先は中国のような社会主義国家なんでしょうね…。児童ポルノ規制自体には賛成ですが、この法案は再考すべきでしょうね。
エロゲが無くなってしまったら、テックアーツより授かった妄想具現化能力も奪われてしまうorz
つーか絵に限らず文章とかもNGだっけ……ダメだ、早く何とかしないと……

 ([[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[)<

今日は小説の続きです。エロしか興味ない方はスルー推奨です/(^o^)\
目的のシーンまでもうちょっと掛かります>< がんばって進めなきゃ……
 


001ー2:里璃、神那津川学園に初登校

私は今、神那津川学園の校舎内にいる。
ジャージ姿の女の先生に案内され、私は廊下を歩く。
隣で一緒に歩いているのは佐伯陽奈(さえきはるな)先生。
保健体育とバスケット部の顧問に務めている、正義感溢れる熱血教師なのだ。
更に元スポーツ選手でありながら、抜群のボディの持ち主である。う、羨ましい……

[小説]里璃、神那津川学園に初登校_2-1

「どんな子か気になってたけど、元気な子で安心したわ」
「えへへ、ありがとうございます♪」

そんな先生が私に優しく接してくれる。それだけで私は幸福感を覚える。
前の学校じゃ、こんなに優しくしてくれる先生なんていなかったなぁ……

「でもこの学園、その……個性的な子たちが大勢いるから……正直、置いてけぼりにされちゃわないか心配なのよね……」

そう言いながら、困った表情をする佐伯先生。
こんな優しい先生を、私の為に困らせてはならない。
そう思い、私は元気な声で返事を返す。

「大丈夫です先生! 私、しっかりクラスの皆と仲良くなりますから!」

そうだ。今度こそお友達をたくさん作るんだ!
その為に私、何度も自己紹介の練習をしたんだ!
話題について行けるように、雑誌やテレビも沢山見た!

「まあ頼もしい……と、教室に着いたよ」

引き戸の前で立ち止まる。
どうやらここが私のクラスの教室のようだ。
教室の外なのに、中から楽しそうな騒ぎ声が聞こえてくる。

「ここが私の……新しいクラス……」
「ええ。貴方の新しいお友達が待ってるわよ」

窓から少しだけ教室を覗いてみる。
女子校らしき有り触れた光景が見られる。集団でダベる生徒達。本を読む大人しそうな子。
長い三つ編みの先に大きな鈴をつけたやんちゃな子。猫みたいに丸まって眠ってる子。
何故か制服の上にマントを羽織ってたり、そもそも制服ではなく柔道着を着ている子まで。
なるほど、確かにこれは手強そうだ……
でも私、この子達と何としても友達になってやるんだ!

(あら、あの子……転校生かな?)
(マジで? どれどれどんな子?)

教室内の女子たちがこっちに注目している。
どうやらクラスの子が私の存在に気づいたようだ。
うう、何だか緊張してきた……
佐伯先生が戸を開け、私は先生と共に教室の中へと入る。
騒いでいた生徒たちの視線が私に注目する。
私は教卓の横に立ち、新しいクラスメイト達と対面する。

「ほら皆、席につきなさい! 今から皆さんの新しいお友達を紹介するんだから」
「んじゃ桜井さん、皆に自己紹介をお願いね!」
「は、はい!」

[小説]里璃、神那津川学園に初登校_2-2

先程まで騒いでいた生徒達は全員黙りこくり、全員が私の顔に注目していた。
や、やばい……! さらに緊張してきた!
で、でもちゃんと自己紹介しなきゃ……
友達が出来るか出来ないか、今がその運命の境目なのだ……っ!
私は深呼吸し、練習した通りの自己紹介文を唱え始める。

「えっと……私、桜井里璃といいます」

緊張して声が震えてしまう私。ちゃんと聞こえたかな?
そのまま自己紹介を続ける私。自分の住んでる所、趣味、特技と様々な項目を紹介する。
しかし喋ってる内に、言葉も途切れ途切れになってしまう。

「えっと……その……」

やがて、言葉が完全に途切れてしまう。
マズイ、非常にマズイ状況だ!
何か喋らないと……そう思っても頭の中がゴチャゴチャになり、私はパニックに陥ってしまう。
うわぁ、皆が凄くガン見してきてる。うぅ……は、恥ずかしい……

(何、あの子?)
(変なの)

女子のヒソヒソ声が聞こえてくる。
ああぁ~っ、やっぱり変に思われちゃってる。
いけない! これじゃ地味で暗い子だと思われちゃう!
ああ……何か喋らないと……

(変な耳……)

……え?

(やっぱおかしいよね? あの子の耳)
(うん。どうなってんだろ?)

女子たちのヒソヒソ声に、私は完全に固まってしまう。
耳を指摘され、私は思考を停止してしまう。

(どこか外国の子なのかしら?)
(え~、病気か何かじゃないの?)
(でもエルフみたいで萌えるかも~♪)

あの時と同じ反応。
前の学校の自己紹介の時と同じだ。
私の耳を見て様々な反応を見せる生徒たち。
耳を指摘する子、面白がる子、気味悪がる子。

「う……ぁ……あの……」

声が出ない……足がビクビク震えてる……
忌わしい過去の記憶が甦る。

(やだ、気持ち悪い……)
(ちょっと、こっち見ないでよ)

私は酷く錯乱し、既に周りも見えてなかった。
さっきから聞こえる声も、目の前の女子たちに寄るものなのか、過去の記憶のものなのか、それすらも把握できていない。

怖い……嫌だ……またいじめられちゃう……
やめて……いや……いじめられるのはもうイヤ……!

(変なの。クスクス……)
(早く……んじゃえばイイのに……)

「う……わああああああああああっ!!」

[小説]里璃、神那津川学園に初登校_2-3

気が付くと私は大声を上げ、教室から飛び出していた。

「え……? ちょ……桜井さんっ!?」

教室内の全員が驚きの声をあげる。呼び止める先生の声が聞こえたが、私は構わず走る。
とにかくあの場から脱出したかった。あのままいたら本当に気が狂ってたかもしれない。
そのまま誰にも見つからなくなるまで、私は知らない廊下を走り続けた。
スポンサーサイト
[PR]

tag : 里璃小説 神那津川学園 桜井里璃 3Dカスタム少女

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

だーぶら

Author:だーぶら
くすぐりフェチのドMちゃん
巨乳もつるぺたおっぱいも大好物
百合・異種姦・F/Mなんでもござれ
いろいろ創作活動もやってます

最新記事
ダウンロード
■Load of Labyrinth (旧:笑いの迷宮)
サイドビューバトルRPG

■ルナティックゲート
ネトゲ風一人称視点RPG

×笑いの迷宮 -The Labyrinth of Laughter-
※Ace移行に付き公開停止
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。